スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマーレジェンズ LG-21 地上攻略員・ハードヘッド レビュー

103_R_2016072321251430e.jpg
こんばんわ。
今日のレビューはトランスフォーマーレジェンズの新作、ハードヘッドです。
小型ロボがTFの頭部に変形して合体する、ヘッドマスターで今回のアイテムもそのギミックを
しっかりと再現しています。

それではどうぞ。
108_R_20160723212516b9f.jpg

109_R.jpg
パッケージ正面と裏。
ヘッドオンギミックを強調するため、ヘッドマスターはロボットモード頭部状態でパッケージされています。

161_R.jpg

169_R.jpg
ビークルモード。
頭部を構成する小型ロボヘッドマスターと、胴体に変形するSF戦車トランステクターで構成されています。
G1シリーズもこのヘッドマスターシリーズから海外と日本独自展開に別れ、ヘッドマスターは長い間リメイクに恵まれませんでした。
復刻も最大アイテムのフォートレスマキシマスのみで当時品の入手も非常に困難。
そんな中今回本格的にリメイクが始まったわけです。

134_R.jpg
コックピットにはヘッドマスターが搭乗可能です。

148_R_20160723212535a31.jpg

153_R.jpg
車体のハードキャノン後部にはヘッドマスター用のコックピットが。
なお、車体各所にはヘッドマスターを立たせる事が可能なジョイントが存在しています。

160_R.jpg
ハードキャノンは接続部のジョイントにより動かすことが可能です。

130_R_20160723212518272.jpg
サイズ比較。
標準的なデラックスサイズのアイテムですが、デザイン上若干横幅が。

187_R.jpg

189_R.jpg
ヘッドマスター。
全長3.7mm程ですが頭部が左右に、腕と両足が前後に可動します。
サイズを考えれば仕方ないのですが、背中はロボットモードのフェイスが丸見えに。
ここはもう少し工夫が欲しかったかも。

190_R.jpg
他の小型アイテムと比較。
後ろがジェネレーションズオプティマスとローラー。
手前がダイアバトルスV2付属のダイアクロン隊員とレジェンズブレインストームのヘッドマスターです。
ブレインストームも同じヘッドマスターギミック搭載ですが、今回のシリーズとは規格が合わないので、
ヘッドマスターを交換するクロスヘッドオンは不可能になっています。

175_R.jpg
今回のシリーズのもう一つの目玉、パートナードローン。
ヘッドマスターが搭乗可能な小型ビークルで、ロボットモードでの武器にもなるというアイテムです。
ハードヘッドのどローンはタンケッテ。戦車モチーフです。

176_R.jpg
主砲後部にヘッドマスターを搭乗させます。
主砲は上下に可動。

180_R.jpg
本体をひっくり返してキャタピラを開き本体から機種を引き出せば、ジェット機モードに。

183_R.jpg
この状態でもヘッドマスターが搭乗可能です。

192_R.jpg
変形開始です。
背面のパネルを開いて、車体後部のキャタピラを引き出して脚部にします。

195_R.jpg
車体前部を折りたたんで背面に動かして胸部に。
前部キャタピラを動かして腕部にします。

197_R.jpg
コックピット部分を有り畳んで背面に接続して胴体を作ります。
肩のハードキャノンの位置を調整してやれば、トランステクターの変形は完了です。

202_R.jpg
ヘッドマスターの変形はとっても簡単。
脚部を胸にくっつける感じで前方に折りたたみます。
頭部に変形したヘッドマスターがヘッドオンすれば、変形は完了です。

206_R.jpg

2202_R.jpg

2102_R.jpg

2203_R.jpg
ハードヘッドロボットモード。
デラックスサイズのアイテムに変形やヘッドオンギミック、コックピットスペース等があるに関わらずプロポーションは良好。
日本版は頭部をG1アニメ準拠で作りなおしたというだけあり、劇中再現度は非常に高いのではないかと。

214_R.jpg

218_R.jpg

220_R.jpg

224_R.jpg

227_R.jpg

228_R.jpg

230_R.jpg
各部アップ。
サイズは小さいものの、ディテールや細かい部分の塗装が綺麗なので見栄えは非常に良いです。

231_R.jpg
上半身可動。
頭部はヘッドマスターの首を関節にする事で、前後左右への可動範囲を確保。
肩は画像の範囲まで上がります。上腕と拳に横ロール軸。肘は二重関節で90度ほど曲がります。

233_R.jpg
下半身可動。
股関節は水平まで広がり、横ロール軸あり。膝関節は90度ほど可動します。
立膝は少し苦手かも。

234_R.jpg
手持ち武器のライフルは1パーツ成形。軽いので取り回しが楽。

235_R.jpg
タンケッテはジェット機モードの主翼を畳んで、ジョイントをしたから引き出せばウェポンモードに。
若干重いですが保持できないという程ではないかと。

239_R.jpg
ロボットモードの大きさ比較。
ヘッドオンギミック搭載ということで、通常のデラックスサイズより大きくなるのではと心配しましたが、実際は他のシリーズと
絡めても違和感がないです。

240_R.jpg
同時発売のスカルとクロスヘッドオン。
スカルの頭部は黒い部分が多いので、ハードヘッドの胴体に合体させると引き締まった印象に。

244_R.jpg
今回のリメイクシリーズにあたっての目玉が、当時のアイテムにはなかった他のサイズとのクロスヘッドオン。
ボイジャークラスのガルバトロンともクロスヘッドオンが可能です。
この組み合わせはちょっと微妙かな…

246_R.jpg

261_R.jpg

257_R.jpg

262_R.jpg

264_R.jpg

253_R.jpg
ポーズ色々。
タンケッテと絡ませる事でポージングの幅やプレイバリューが広まります。
肩のハードキャノンは取り外して手に持たすことが可能です。

265_R.jpg
ハードヘッドのレビューでした。
永らくリメイクに恵まれなかったヘッドマスターのリメイクという事で楽しみにしていたのですが、実際は期待を遥かに
上回る出来でした。
単純ながらもインパクトがあり面白いギミックのヘッドオンに加え、ドローンのプレイバリューの高さも遊びの幅を増やしています。
何より放送当時子供で欲しくても手に入らられなかった自分の様な世代にとっては、懐かしさと思い出補正が加わるのでは
ないかと(笑)
今後ヘッドマスターが数々リリースされ、更には基地にもなる大型アイテムも予定さています。更に遊びがいがあるシリーズと
なりそうで今から楽しみです。

それではまた。



下の拍手やにほんブログ村のランキングバナーを押してもらったら幸いです。
管理人のモチベーションアップになります。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村

プロフィール

わいじー

Author:わいじー
・主にトランスフォーマーメインのレビューをしています。
 他にもガンダム系、ライダー系アイテム等も扱います。
・Opera及びIEで動作確認しています。
・コメントは公共良俗、一般常識を守っていれば大歓迎です。
・画像等の無断転載は禁止です。
・相互リンクをしてくださる方がいましたら↓のアドレスまでご一報ください。

hetapurax7492●excite.co.jp
(●は@に直してください)

・相互リンクしてくださる際にバナー画像が必用な方は、上のバナー画像をお使いください。

Twitter
FC2カウンター
インデックス&リンク
相互リンク先更新情報
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
レビューしたアイテム(Amazon)
購入予定アイテム(Amazon)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。