スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP-21 サイバトロン情報員 バンブルレビュー

IMG_1600_R.jpg
こんばんわ。
今日のレビューはMPバンブルです。
いまやすっかりTFを代表するキャラクターとなったバンブル。
ビークルモードのライセンスの問題で永らくMP化の機会に恵まれませんでしたが、今回待望のリリースとなりました。
それではどうぞ。

IMG_1602_R.jpg

IMG_1603_R_201412262249183ed.jpg
パッケージ表と裏。
低価格帯MPおなじみのパッケージサイズとレイアウトです。

IMG_1604_R.jpg
パッケージ内ブリスター。
バンブル自体はかなり小さ目なのですが、エクセルスーツのスパイクが同梱されている為、結構なボリュームに。

IMG_1605_R.jpg
付属品は説明書とキャラクターカードにサイドミラーのランナー。
更にアマゾン特典の交換用フェイスが付いてきます。

IMG_1606_R.jpg

IMG_1607_R_201412262249466ad.jpg

IMG_1608_R.jpg
ビークルモード。
フォルクスワーゲン・タイプ1です。
丸みを帯びた愛嬌のあるフォルムをしっかりと再現しています。
変形トイでこの造形はかなりハイレベルだと思いますね。

IMG_1609_R.jpg

IMG_1610_R_201412262249517c0.jpg

IMG_1612_R_201412262250065aa.jpg

IMG_1611_R.jpg
各部アップ。
イエローという発色が難しいカラーのためか、若干暗めな印象がありますが玩具っぽさが適度に抑えられて渋い感じに。
各部の塗り分けも綺麗です。

IMG_1615_R_2014122622501041c.jpg
後部のナンバープレートを取り外して、スペアタイヤケースを装着する事が可能です。

IMG_1623_R.jpg
変形の開始です。
まずボンネットのジョイントを外して車体ノーズ部を引き出します。

IMG_1624_R.jpg
ボンネット中央部をコックピット内側に折り曲げてから、フロントを左右に割ります。

IMG_1626_R.jpg
タイヤを下側に回してから、ボンネット部分を90ど上に回します。

IMG_1627_R_20141226225054bc8.jpg
足首となったボンネットパーツの内側にドアパーツを折りたたみます。

IMG_1628_R_20141226225055b54.jpg
ルーフ部分を胴体基部パーツに対して90度になるように動かします。
ルーフ後部のパーツを引き出し、各部パーツを調整して腕部が完成。

IMG_1629_R.jpg
ルーフ後部を後ろ側に動かして、頭部を出します。

IMG_1630_R_20141226225058f6d.jpg
ルーフ後部を180度回して、リアバンパーパーツを内側に畳みます。

IMG_1631_R.jpg
胸部になるルーフ中央のパーツを回転させて、サイバトロンエムブレムを出せば変形完了です。

IMG_1632_R.jpg

IMG_1635_R.jpg

IMG_1634_R.jpg

IMG_1636_R_2014122622511616b.jpg
ロボットモード。
大きな足首と胴体で作られたユーモラスなプロポーションと、愛嬌のある頭部。
まさにG1アニメのイメージそのままです。
実車に近いビークルモードからの変形ですが、変形パターンに無理はなくストレス無くサクサクと行えます。
今までのMPの中では一番かも。

IMG_1637_R.jpg

IMG_1640_R.jpg

IMG_1639_R_201412262251336d8.jpg

IMG_1641_R.jpg

IMG_1642_R.jpg

IMG_1643_R_20141226225150297.jpg

IMG_1644_R.jpg
各部アップ。
G1アニメを忠実に再現しつつ、変形元の実車のワーゲンの意匠が散りばめられています。
相反する要素ですが上手く噛み合って、絶妙のバランスに。

IMG_1645_R.jpg
上半身の可動。
肩は上下に可動して、バンブル独特のなで肩体型を再現可能。
上腕には横ロール軸が有り、肘の可動は100度ほどです。
頭部は上下にスイング可能。

IMG_1646_R_20141226225155bd7.jpg
頭部と腰は左右に回転します。

IMG_1647_R.jpg
開脚範囲は結構広く、股関節の横ロール軸や足首の可動で接地性は高いです。

IMG_1648_R_2014122622521302e.jpg
膝の可動は90度ほど。
デザインの都合で立膝は厳しいかも。

IMG_1650_R.jpg
付属武器のレーザーガン。
造形も持たせた時の保持力も問題なしです。

IMG_1652_R.jpg
フェイスパーツを差し替える事で、微笑んだ表情を再現可能です。

IMG_1653_R.jpg
こちらはアマゾン特典のバトルフェイス。
G1当時の玩具をイメージしたもので、バンブルのイメージが一気に変わって面白いです。

IMG_1670_R.jpg
コンボイやホイルジャックとの比較。
かなり小さめのサイズだという事が分かるかと。

IMG_1621_R.jpg

IMG_1622_R_2014122622502918b.jpg
もう一つの目玉、エクセルスーツのスパイクです。
ビークルモードからロボットモードへ変形します。

IMG_1620_R.jpg
先頭部にはきちんと前を向いたスパイクの顔が。

IMG_1654_R_201412262252373e6.jpg
変形開始です。
後部を分割してつま先を出し、車輪を内側へ。

IMG_1655_R.jpg
胴体のカバーを内側に畳みます。

IMG_1657_R.jpg
胸部パーツと腕パーツを起こしてから、先端のキャノピーを外してからスパイクの頭部を前に向ければ変形完了です。

IMG_1659_R_201412262252411a9.jpg

IMG_1661_R.jpg

IMG_1660_R.jpg

IMG_1662_R.jpg
ロボットモード。
人型から外れた独特のプロポーションをしっかりと再現していますね。

IMG_1664_R.jpg
可動は小サイズな事もあってそれなり。

IMG_1665_R.jpg

IMG_1667_R.jpg

IMG_1668_R.jpg

IMG_1669_R.jpg
ポーズ色々。
派手なアクションより、スパイクやコンボイといった他のキャラと触れ合ってる方がしっくり来ますね。
かといってアクションが似合わないという訳でもなく、バトルフェイスを装着するとかなりカッコいいイメージになります。

IMG_1671_R.jpg
MPバンブルのレビューでした。
実在のビークルモードとG1アニメ準拠のロボットモードを両立しつつ、ストレスの無いスムーズな変形を両立した最高の出来となっています。
ビークルに変形するエクセルスーツのスパイクも付属品とは言え非常にクォリティが高く、一つのパッケージで二種類のTFが楽しめると言えますね。
長い間待たされただけあって、文句のつけようの無い素晴らしいアイテムでした。
それではまた。

下の拍手やにほんブログ村のランキングバナーを押してもらったら幸いです。
管理人のモチベーションアップになります。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わいじー

Author:わいじー
・主にトランスフォーマーメインのレビューをしています。
 他にもガンダム系、ライダー系アイテム等も扱います。
・Opera及びIEで動作確認しています。
・コメントは公共良俗、一般常識を守っていれば大歓迎です。
・画像等の無断転載は禁止です。
・相互リンクをしてくださる方がいましたら↓のアドレスまでご一報ください。

hetapurax7492●excite.co.jp
(●は@に直してください)

・相互リンクしてくださる際にバナー画像が必用な方は、上のバナー画像をお使いください。

Twitter
FC2カウンター
インデックス&リンク
相互リンク先更新情報
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
レビューしたアイテム(Amazon)
購入予定アイテム(Amazon)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。