スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DXタテガミライオーレビュー

IMG_2299_R.jpg
こんばんわ。
今日のレビューは発売したばかりの、DXタテガミライオーのレビューです。
ゴーバスターズの3号ロボで、今までと同じくビークル、アニマル、バディゾードへの3段変形に加え、合体ギミック有り。
更にはシリーズ初のライト&サウンドギミックを搭載した、最終ロボに相応しい充実の仕様となっています。
それではどうぞ。



IMG_2302_R.jpg
パッケージ裏。
今まで発売されたフロッグ以外のバスターマシンと合体出来ます。

IMG_2397_R.jpg

IMG_2400_R.jpg
ビークルモード。
3輪バイクのトライクがモチーフとなっています。

IMG_2398_R.jpg

IMG_2308_R.jpg

IMG_2309_R.jpg
各部アップ。
3輪なので安定性はバッチリ。
トライクという珍しいモチーフが新鮮です。

IMG_2321_R.jpg
バスターマシン、チーターとの比較。
チーターもそこそこ大きいアイテムなのですが、それを上回るボリュームです。

IMG_2401_R.jpg
ゴーバスターエースを搭乗させる事が可能です。
きちんと跨って、ハンドルを持つことが可能です。
バイクに跨がれる戦隊ロボは、特捜戦隊デカレンジャーのデカレンジャーロボとデカバイクロボ以来ですが、見た目や自然な
乗せ方等、大きく進歩しています。

IMG_2402_R.jpg
フェイスの口部分で加えているランスは、エースの右手に持たせる事が可能です。

IMG_2317_R.jpg
ライオーとエースの合体はエース腰裏のジョイントを使用します。


前輪を回す事で発光し、サウンドが鳴ります。

IMG_2329_R.jpg
アニマルモードへの変形開始です。
まずハンドル前部のヘッドを取り外します。

IMG_2330_R.jpg
前輪を外します。

IMG_2334_R.jpg
前輪を挟んでいたパーツから前脚を引き出します。

IMG_2336_R.jpg
前脚全体を下に向けます。

IMG_2389_R.jpg
後輪側面から後ろ脚を展開します。

IMG_2333_R.jpg
ランスを画像の形にして、アニマルモードの尻尾にします。

IMG_2338_R.jpg
車体後部でランスを挟みます。

IMG_2339_R.jpg
本体を立てます。

IMG_2340_R.jpg
前輪ホイールのパネルを開きます。
そこにヘッドパーツを装着すれば、アニマルモードの頭部になります。
頭部を本体に接続すれば、変形完了です。

IMG_2404_R.jpg

IMG_2406_R.jpg
タテガミライオー、アニマルモード。
ライオンモチーフになります。
トライク時の前輪を立髪に見立てる発想が面白いです。
プローポーションも良好ですね。

IMG_2343_R.jpg

IMG_2345_R.jpg

IMG_2346_R.jpg

IMG_2348_R.jpg

IMG_2347_R.jpg
各部アップ。
ビークルモードから大きなパーツ移動の無い変形ですが、大きく印象が変わります。
そういえば青いライオンメカというのは珍しいですね。

IMG_2350_R.jpg
チーターアニマルモードとの比較。
チーターより3回り程大きいですね。

IMG_2351_R.jpg

IMG_2408_R.jpg
ビークルモードと同じく、エースを乗せる事が可能です。
こちらも不自然さはなく、きっちりと乗せられます。


アニマルモードのサウンド。
ビークルモードとは異なるサウンドがン鳴ります。

IMG_2357_R.jpg
バディゾードへの変形です。
頭部と尻尾を外します。

IMG_2358_R.jpg
後ろ脚をたたみ、バディゾード時の脛パーツを引き出します。

IMG_2359_R.jpg
ハンドルを収納します。

IMG_2361_R.jpg
ハンドル基部を下側に回して、胸部にします。

IMG_2363_R.jpg
前輪基部のパネルを動かして胴体にセットします。

IMG_2364_R.jpg
前輪基部を下ろして、肩と腕パーツにします。

IMG_2366_R.jpg
腕を下ろします。
左右の腕にランスとアニマルモードの頭部を付ければ変形完了です。

IMG_2390_R.jpg

IMG_2395_R.jpg
タテガミライオー・バディゾード状態。
細めのイメージがあったアニマルモードから一転、たくましくマッシブなプロポーションになっています。
ブルーとブラックを基調とした本体に対して、金色のパーツが良いアクセントになっています。

IMG_2379_R.jpg
合体ギミックの都合上、肩と腕の可動範囲が広いです。
エースと同様の広さがあります。

IMG_2394_R.jpg

IMG_2410_R.jpg

IMG_2411_R.jpg

IMG_2413_R.jpg

IMG_2378_R.jpg
各部アップ。
ゴーバスターエース、ゴーバスタービートと同じく、ビークルモードやアニマルモードの意匠を殆ど感じさせない処理が
逸品ですね。

IMG_2381_R.jpg
エースとの比較。
最終ロボだけあってかなりの大きさ、ゴーバスターオーと同じくらいのボリュームが有ります。


バディゾードのサウンドもビークル及びアニマルとは違うものです。
ちなみに音声は水木一郎氏という、戦隊やロボ好きには堪らないチョイスとなっています。

IMG_2409_R.jpg
タテガミライオーのレビューでした。
販売価格が一万円近いだけあって、単体でのプレイバリューはかなりのものです。
変形ギミックの楽しさや、本体のボリューム、シリーズ初のライト&サウンドギミック、ゴーバスターエースとの連動等、
非常に満足のいく内容です。
加えて、他のバスターマシンとの合体も有るので非常に遊びの幅が広いです。
合体ギミックのレビューも後ほど書きたいと思っています。
それではまた。

下の拍手やにほんブログ村のランキングバナーを押してもらったら幸いです。
管理人のモチベーションアップになります。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わいじー

Author:わいじー
・主にトランスフォーマーメインのレビューをしています。
 他にもガンダム系、ライダー系アイテム等も扱います。
・Opera及びIEで動作確認しています。
・コメントは公共良俗、一般常識を守っていれば大歓迎です。
・画像等の無断転載は禁止です。
・相互リンクをしてくださる方がいましたら↓のアドレスまでご一報ください。

hetapurax7492●excite.co.jp
(●は@に直してください)

・相互リンクしてくださる際にバナー画像が必用な方は、上のバナー画像をお使いください。

Twitter
FC2カウンター
インデックス&リンク
相互リンク先更新情報
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
レビューしたアイテム(Amazon)
購入予定アイテム(Amazon)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。