スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命戦隊ゴーバスターズ DXゴーバスタービート&SJ-05スタッグビートルレビュー

IMG_0250.jpg
こんばんわ。
思ったよりも早く更新再開出来ました。
今夜のレビューはゴーバスターズの新メカ、ゴーバスタービートとスタッグビートルのレビューです。
戦隊恒例の追加戦士の専用ロボで、ゴーバスタービートはゴーバスターエース同様の多段変形の2号ロボ。
スタッグビートルは2体のロボと合体可能なメカになります。
それではどうぞ。


IMG_0251.jpg
パッケージ裏。
主に合体相関図で説明が描いてあります。
本当はバスターヘラクレスセットが欲しかったのですが、近所のヨドバシでは売り切れてました……orz

IMG_0153.jpg

IMG_0154.jpg
4人目のゴーバスターズ、ビートバスターのバスタービークル、BC-04ビートル。
クレーン車モチーフのビークルです。
ゴールドとブラックメインのカラーリングが渋くてカッコいいです。

IMG_0156.jpg
メガゾード時に腕になるクレーンはクリック関節式で自在に動きます。

IMG_0157.jpg
劇中で印象的だったジャッキパーツも展開可能です。

IMG_0158.jpg
クレーンは収納時に○で囲ってあるジョイントで固定されるので安定感はバッチリです。

IMG_0160.jpg
ビークル時にはスタッグビートルをクレーン部分の上に乗せて、亜空間からの発進シーンを再現できます。
クレーンの凸に沿って、スタッグビートル下部に溝が有るのでしっかり乗せられます。
ゴリラにラビットを乗せるシチュエーションは再現できなかったので、今回の仕様は嬉しいです。

IMG_0161.jpg

IMG_0162.jpg
チーターとの比較。
分かりやすいようにクレーン部分は外して有ります。
全長はビートル。幅はチーターが勝ってますね。
どちらもボリューム的に大きな違いは有りません。
クレーンがある分、ビートルの方が視覚的には上でしょうか。

IMG_0163.jpg
アニマルモードへの変形開始です。
サイドのキャノンパーツを上げます。

IMG_0165_20120714232859.jpg
キャノンパーツごと、後部のパネルを前部に180度移動させます。

IMG_0166.jpg
外したクレーンパーツを画像の様な位置にします。

IMG_0167.jpg
クレーンとビートル本体をジョイントで接続した後、ひっくり返します。

IMG_0168.jpg
フロント部、アニマルモード頭部のサイドパネルを動かします。

IMG_0170.jpg
クレーン先端を開いて、角状にすれば変形完了です。

IMG_0169.jpg

IMG_0172.jpg
BC-04ビートル・アニマルモード。
カブトムシモチーフです。
チーターと同じくパネルを開閉していく方式に加え、上下を逆にして変形しているので、チーター以上にシルエットの
変化が大きいです。
ゴツめの本体と長い角が力強いです。

IMG_0197_20120714233950.jpg

IMG_0198_20120714233950.jpg
アニマルモードのチーターとの比較。
チーターも尻尾がある分、結構全長があるのですが、ビートルはそれを上回ってますね。

IMG_0173.jpg
メガゾードへの変形です。
キャノンパーツを畳んで、つま先を出します。

IMG_0175_20120714233156.jpg
畳んだキャノンパーツを上部に上げます。

IMG_0177.jpg
○で囲んだスイッチを押しながら、脚部を引き出します。

IMG_0179.jpg
本体を立たせて、角の基部を後ろに跳ね上げます。

IMG_0180_20120714233418.jpg
上半身左右のパネルを跳ね上げて、肩アーマーにします。

IMG_0181_20120714233417.jpg
胸パネルを開いて、頭部を引き出します。

IMG_0182.jpg
クレーンを画像の状態にします。

IMG_0184.jpg
パネルを開いた状態の胸部にクレーンパーツを入れて、パネルを閉じれば腕パーツが出来ます。

IMG_0186_20120714233713.jpg
クレーンの合体ですが、某勇者王を彷彿とさせる劇中のバンクの方式でも可能です。
説明書に載ってない方式なので、遊ぶ方は自己責任でお願いします。

IMG_0187_20120714233712.jpg
頭部の角を起こせば変形完了です。

IMG_0188_20120714233712.jpg

IMG_0189_20120714233712.jpg
BC-04ゴーバスタービート。
ゴーバスターエースに比べ、プロポーションがかなりスリムになっています。
昆虫モチーフの戦隊ロボは、忍風戦隊ハリケンジャーの轟雷神以来ですね。

IMG_0190.jpg
バストアップ。
バスターヘラクレスへの合体の為に、顔面中央に分割線が入ってるという仕様です。
ここは見る人によっては気になるかもしれませんね。

IMG_0191.jpg
可動範囲は肩関節が上下左右に動く程度です。
肘まで動いたゴーバスターエースに比べると狭いですね。
まあエースが戦隊ロボとしては広すぎたのですが。

IMG_0192_20120714233951.jpg
脚部前のキャノンパーツをサイドに動かしてから上げます。

IMG_0193_20120714233951.jpg
動かしたキャノンパーツを展開してから、両腕で保持します。

IMG_0194.jpg
ダブルキャノンモードの完成。
無理なくキャノンを両手で保持できるのが、ストレスが無くて楽しく遊べます。
キャノンを外して、先端を両腕で持てば……

IMG_0195_20120714233950.jpg
ダブルソードモード。
基本の三段変形に加え、この様に武器の装備パターンにもバリエーションが有り、プレイバリューはエース以上と言えますね。

IMG_0200.jpg

IMG_0201.jpg
エースとの比較。
両手両足が大きかったエースに比べ、人間のプロポーションに近くなった感じです。
デザインが工夫されているので、エースと並べて貧弱といった感じはしませんね。

IMG_0252.jpg
続いてスタッグビートルのレビューです。

IMG_0254.jpg
パッケージ裏。
エースとの合体も説明されています。

IMG_0202.jpg

IMG_0203.jpg
ビートバスターのバディロイドである、ビート・J・スタッグが変身するスタッグバスターのバスターマシン、
SJ-05スタッグビートル。
オーソドックスな戦闘機タイプとなっています。
この状態ではコロ走行等のギミックは有りません。
全身のシルバー塗装が綺麗です。

IMG_0214.jpg

IMG_0215.jpg
同じ飛行メカであるラビットと。
なんとなく同じ作品のメカに見えない気が。
アニマルヘッドの有無のせいでしょうか。

IMG_0204.jpg
アニマルモードへの変形開始です。
機種を180度後ろに動かします。
赤丸で囲った機首先端を押し込むと……

IMG_0205.jpg
連動してアニマルモードの角が展開します。
単純だけど楽しいギミックです。

IMG_0206.jpg
収納されていた前脚を回転させて展開します。

IMG_0207.jpg
翼を畳むと同時に、後ろ脚が展開します。

IMG_0209.jpg

IMG_0210.jpg
スタッグビートル、アニマルモード。
ビートルと同じく角が大きめに作ってあります。

IMG_0211.jpg

IMG_0213.jpg
アニマルモードのラビットと。
どちらも飛行メカが、陸上生物モチーフのメカになるってのが面白いです。

IMG_0216.jpg
このアイテムの売りは、ゴーバスタービート&ゴーバスターエースの2体のロボとの合体です。
まずはビートとの合体から。
アニマルモードの本体を左右、中央、後部と分割します。

IMG_0217.jpg
分割した左右パーツを合体させます。

IMG_0218.jpg
中央パーツは機首を引き出します。

IMG_0219.jpg
後部パーツは合体時に胸部に付くパーツと、ゴーバスターオーとの合体用パーツに分割します。

IMG_0222.jpg
ゴーバスタービートの胸部ジョイントを引き出して、分割した後部パーツを接続します。

IMG_0223.jpg
中央パーツを右手に持たせます。

IMG_0224.jpg
合体させた左右パーツを左腕にジョイント。
エース用のジョイントパーツが後部に有りますが、この時は展開させます。

IMG_0225.jpg
ゴーバスターオーとの合体用パーツを腰の後ろに。

IMG_0226.jpg
ゴーバスタービートのフェイスパーツを左右に展開すれば、合体完了です。
なおビートのフェイスパーツはクリアランスの都合上、軟質パーツになっています。

IMG_0228.jpg

IMG_0230.jpg

IMG_0229.jpg
バスターヘラクレス。
下半身に比べて、上半身のボリュームが少なめのビートでしたが、スタッグビートルの殆どのパーツが上半身に付くために、
丁度いいバランスになりました。
胸部のガドリングバズーカと左腕のスタッグシールドのシルエットで、凄く強そうに見えます。

IMG_0227.jpg
バストアップ。
頭部に合体パーツを付けるのではなく、フェイスパーツが展開するという合体ロボでは非常に珍しいパターンです。
多少のっぺりしていたビートのフェイスに比べ、こちらは精悍でカッコいいです。
ディテールもシャープ。塗装も細かいです。

IMG_0234.jpg
全ての砲門を展開して、ヘラクレスクライシス!
左腕の可動がゼロになるので、劇中通りにはいきませんね。
後ヘラクレス状態だと、戦隊ロボにしては珍しいことに、接地性が悪いです。
パーツ配分の都合上仕方がないのでしょうね。

IMG_0239.jpg

IMG_0235.jpg
ゴーバスターオーとの比較。
エース、ビートでは両者とも同じ身長でしたが、ゴーバスターオーと違いヘラクレスは身長が伸びない合体方式なので
合体後では大人と子供程の差が。
ですが横のボリュームはヘラクレスが勝ってますね。

IMG_0241.jpg
続いてエースとの合体です。
エースを画像の状態にして合体準備をします。

IMG_0242.jpg
右腕に中央パーツを。
持たせ方はビートとは違います。

IMG_0244.jpg
手前の合体用ジョイントだけを使って、スタッグシールドを接続します。

IMG_0245.jpg
背中に後部パーツを合体させれば、合体完了です。

IMG_0247.jpg

IMG_0248.jpg
ゴーバスターエース・スタッグカスタム。
まだ劇中未登場の形態ですね。
ゴーバスターオーやヘラクレスと違い、フェイスパーツが変わらないので、あまり合体した感じがしません。
どちらかと言うと、パワーアニマル以来の換装方式に近い感じでしょうか。

IMG_0249.jpg
ヘラクレス同様、左腕の可動はゼロになりますが、右腕の可動は結構広く動きます。
接地性もヘラクレスに比べれば良好です。

IMG_0255.jpg
購入特典で貰える、ビートバスターのレンジャーキー。
ゴールドのメタリック塗装仕上げになっています。

IMG_0231.jpg
ゴーバスタービート&スタッグビートルのレビューでした。
ゴーバスタービートはエースの多段変形を更に進化させ、ロボットモードでのプレイバリューも増えた良アイテムです。
スタッグビートルを加えれば、バスターヘラクレスへの合体も楽しめます。合体方式もゴーバスターオーとは違うので、
マンネリ感等は皆無です。
さらにゴーバスターオーと合体させればグレートゴーバスターに!!
……ですが今回はここまでのレビューとさせて頂きます。
2体のレビューするのに撮影や記事等相当時間を使った上に、グレートゴーバスターまで一つの記事に纏めると閲覧してくださる方が
見づらいかもと思った次第です。
グレートゴーバスターのレビューは近い内にアップしますので、お楽しみに。
それではまた。

下の拍手やにほんブログ村のランキングバナーを押してもらったら幸いです。
管理人のモチベーションアップになります。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村












テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わいじー

Author:わいじー
・主にトランスフォーマーメインのレビューをしています。
 他にもガンダム系、ライダー系アイテム等も扱います。
・Opera及びIEで動作確認しています。
・コメントは公共良俗、一般常識を守っていれば大歓迎です。
・画像等の無断転載は禁止です。
・相互リンクをしてくださる方がいましたら↓のアドレスまでご一報ください。

hetapurax7492●excite.co.jp
(●は@に直してください)

・相互リンクしてくださる際にバナー画像が必用な方は、上のバナー画像をお使いください。

Twitter
FC2カウンター
インデックス&リンク
相互リンク先更新情報
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
レビューしたアイテム(Amazon)
購入予定アイテム(Amazon)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。