スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFプライム AM01 オプティマスプライムレビュー

IMG_8890.jpg
こんばんわ。
今日のレビューはTF新シリーズ、TFプライムからオプティマスプライムのレビューです。
ファーストエディション版から新規造形になり、日本独自の要素として武器にTFするアームズマイクロンが付属する
仕様になっています。
それではどうぞ。

IMG_8888.jpg
パッケージ裏。
アームズマイクロンによる合体やカスタマイズ等を強く押し出した構成になっています。

IMG_8892.jpg
オプティマスプライム本体。
今回はユーザーによるカスタマイズ展開として、これまで部分塗装だった箇所がシールになり、マイクロンも組立
キットになっています。

IMG_8894.jpg
付属のラベル。
ドレスアップを楽しめるというのが売りなのだそうですが、部分塗装を補うシール以外は、オートボットエムブレムが
二個のみと、少し疑問が残る仕様です。

IMG_8893.jpg
アームズマイクロンのオーピー。
この様にランナー状態なので、組立にはニッパー等の工具が必要です。

IMG_8895.jpg
ビークルモード。
ファーストエディション版と同じトレーラーが元になっています。

IMG_8898.jpg
付属ラベルを貼った状態。
ヘッドライトと、オートボットエムブレムのみとこの状態では少ないです。

IMG_8936.jpg
リアビュー。

IMG_8902.jpg

IMG_8901.jpg
ファーストエディション版との比較。
全体的に一回り小さくなっています。ボンネットが短めのプロポーションですね。
また、赤や青等のカラーリングの彩度が控えめになっています。

IMG_8900.jpg
日本版はアームズマイクロンによるカスタマイズの為、新規金型でマイクロンジョイントが増設されています。
ビークルモードでは左右三箇所、計六ヶ所です。
付けてるのはオーピーと、予約特典のアームズマイクロン、オートボットファイアーボルトです。
ファイアーボルトはPCCシリーズのリペイントですね。

IMG_8904.jpg
変形の開始です。
サイドパネルを倒します。

IMG_8905.jpg
リアを割って、脛カバーを展開します。

IMG_8906.jpg
足首を引き出します。

IMG_8908.jpg
天井部分のパネルを開きます。

IMG_8910.jpg
ボンネットとなっている腕部を引き出します。

IMG_8911.jpg
天井部分のパネルを畳みます。

IMG_8913.jpg
頭部を引き出して胸部パーツをあげます。

IMG_8914.jpg
胸部パーツを固定して、肩アーマー固定、背中のパネルの収納をすれば変形完了です。

IMG_8937.jpg

IMG_8917.jpg
ロボットモード。
ファーストエディション版に比べ、肩幅が狭く引き締まったプロポーションになっています。
シールは脛のシルバーと足首の黒部分です。

IMG_8942.jpg
右肩アーマーにもオートボットエムブレムを貼ります。
ラベルは光沢があり結構丈夫です。
また数回貼り直しましたが、剥がすのも楽で粘着力が弱まった感じもしませんでした。

IMG_8918.jpg

IMG_8920.jpg
ファーストエディションとの比較。
大きさやプロポーションの違いが分かるかと。
個人的にはプロポーションは今回の方が好みです。

IMG_8921.jpg
可動範囲です。
上半身は首がボールジョイント。肩は水平に可動。上腕横ロール軸有り。肘は90度程曲ります。

IMG_8922.jpg

IMG_8923.jpg
下半身は股関節がボールジョイントで横ロール軸有り。開脚も楽に出来ます。
膝は90度可動。足首は内股側と後ろに可動します。

IMG_8933.jpg
アームズマイクロンのオーピー。
組立に加えて、少しラベルを貼る必要があります。
G1レーザウェーブに似ているのが面白いです。

IMG_8931.jpg
ウェポンモード。
結構大きめで迫力や充実感が有ります。

IMG_8928.jpg
マイクロンジョイントは下腕、脚部、背中に二箇所の計六箇所です。

IMG_8924.jpg

IMG_8925.jpg

IMG_8927.jpg
ポーズ色々。
可動範囲はあまり広く有りませんが、必要最低限なレベルには達しています。
首が上下にも動くので表情が付けやすいです。

IMG_8929.jpg
AM01オプティマスプライムのレビューでした。
日本独自展開のアームズマイクロンは往年の名作、ターゲットマスターを彷彿とさせる物で、単純ながらも遊んでて
楽しいです。
ファーストエディション版から完全新規金型で作られたオプティマス本体も変形機構やプロポーションが煮詰められ、
より完成度が高くなっています。
唯一の不満点はやはりラベルの仕様でしょうか。
カスタマイズとタカラトミースタッフの方は述べられていましたが、どうしても塗装不足を補っている作業に感じてしまいます。
カスタマイズ仕様に加え、コスト削減にも一役買ってるという説も有るのですが、金型改修でもコストはかかってるわけで…
まあアレコレ邪推しても仕方がありません。しかし、箱から出してすぐに遊べないというのはやはりストレスが溜まります。
まだシリーズが始まったばかりなので、今後この仕様が活かされるアイテムが出るのを期待したいです。
それではまた。

下の拍手やにほんブログ村のランキングバナーを押してもらったら幸いです。
管理人のモチベーションアップになります。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村











テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わいじー

Author:わいじー
・主にトランスフォーマーメインのレビューをしています。
 他にもガンダム系、ライダー系アイテム等も扱います。
・Opera及びIEで動作確認しています。
・コメントは公共良俗、一般常識を守っていれば大歓迎です。
・画像等の無断転載は禁止です。
・相互リンクをしてくださる方がいましたら↓のアドレスまでご一報ください。

hetapurax7492●excite.co.jp
(●は@に直してください)

・相互リンクしてくださる際にバナー画像が必用な方は、上のバナー画像をお使いください。

Twitter
FC2カウンター
インデックス&リンク
相互リンク先更新情報
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
レビューしたアイテム(Amazon)
購入予定アイテム(Amazon)
カレンダー
04 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。